LOG IN

VIP待遇のファーストクラスに乗って その2【ポーランド・クラクフ】

by 古性 のち
首都ワルシャワからポーランドの京都クラクフへの移動は「絶対列車で」と決めていた。
https://non-kosho.goat.me/3OCCNUP4

ふかふかのファーストクラスは、それはそれは快適だった。
「なんでこんな荷物を背負った子がファーストクラスに?」と、望まぬ視線を集める以外は。

ワルシャワからクラクフへは、約2時間。外はあいにくの曇りだったけれど、わたしの心は初めて乗るふかふかのシートに、ときめきでいっぱいだった。

「チキンとビーフ、どちらが良いですか?」
生まれて初めて体験する、ファーストクラスの食事。




古性 のち
OTHER SNAPS